最新セミナー情報はこちら セミナーの詳細を確認

不動産強制競売事件の執行官立入調査経験談

たちばなです。

12月17日(土)の9時過ぎに 「たちばなはじめメールマガジン VOL143」 を配信します。

「大山鳴動して鼠一匹」などと申します。

大仰な事態と想像していたのに、実際は全然大したことなかった。

「見ると聞くとは大違い」なんて、こんなことは日常におびただしく存在します。

「知らないから不安」と言う事は裏を返せば「知っていれば安心」と言う事です。

「経験した事ない」と言う事は裏を返せば「経験した人に教えを乞う」事が有効です。

「自分はそうならない」と考える事は裏を返せば「なった時の対策を放棄している」と言う事です。

当初の目論見や思い通りの人生を歩んでいる人なんて・・・存在するんでしょうか?

紆余曲折・・・艱難辛苦を乗り越えて・・・今日(こんにち)に至っているのではないでしょうか?

九州地区のワタシのとあるクライアントが、

「たちばなメルマガ読者の役に立つなら・・・」と入魂の一筆を託してくれました。

ビクビクオドオドしていた当事者が1年半の時を経て、大いなる成長を遂げていく様にワタシは目を細めているのです。

タイトルは・・・「不動産強制競売事件」です。

【知識は鎧 経験は武器】について文にしたためています。

以下よりメールマガジンに登録してお読みください。

配信済みの記事は、メルマガ登録者限定のバックナンバーライブラリーですべてお読みいただけます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次