最新セミナー情報はこちら セミナーの詳細を確認

手の内情報を自ら暴露し銀行との交渉に失敗したメルマガ読者さんの話

たちばなです。

5月17日(水)の13時過ぎに 「たちばなはじめメールマガジン VOL108」 を配信します。

・桶狭間の戦い

・本能寺の変

・真珠湾攻撃

などなど・・・

大きな歴史の転換期に「奇襲攻撃」と呼ばれるものこそが、「必須条件」であることは歴史が証明しています。

将棋界においても藤井聡太さんが驀進中ですが、

彼の戦法も、これまでの将棋界の常識を覆すような学び方や研鑽の積み方があるからこそ驀進中なのであって、既存の棋士から見れば奇襲のように狼狽しているケースも多い事でしょう。

かねてより、

鋼の強さに対して柳の強さで躱し、相手の疲弊を待つのが弱い人間の戦い方である、と申しております。

弱い人間の戦い方は、「奇襲戦法が常道」でなければいけない、と言う事です。

奇襲を学んだハズなのに、その奇襲のタイミングを相手に事前に知られてしまっては元も子もない・・・

そんな悲しきミスを犯してしまったとある事業主の実例をもとに、改めて「交渉のカードを切るタイミング」の重要性について文をしたためました。

以下よりメールマガジンに登録してご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる