最新セミナー情報はこちら セミナーの詳細を確認

信用保証協会の返済ができないなら契約通り代位弁済せよ。

たちばなです。

11月5日(土)の9時過ぎに 「たちばなはじめメールマガジン VOL136」 を配信します。

「行き過ぎた拝金主義」が喧伝されるようになってしばらく経ちます。

良くも悪くも 「とかくこの世はカネ次第」 と言う事ですね。

かく言うワタシも仕事柄・・・年がら年中 「カネカネカネカネ」言うております(笑)

7~8年前に、とある都銀出身の事業主が、過去を回顧し、

「銀行在籍時は、融資先に対して“生殺与奪権”を握ったゲーム感覚だった。」

とワタシに吐露した事を思い出しています。

資本主義経済社会下では、ビジネスは自由競争。

よって、商売とは言わば「経済戦争」の場とも言えます。

語弊を恐れず行ってしまえば・・・「狐と狸の化かし合い」と言えなくもない。

とある、有名コーヒーチェーン。

市場と比べると、この店のコーヒーはバカ高い。

「我々はコーヒーを売っているのではない。雰囲気を売っているのだ。」ですと。

とある、有名コンビニチェーン。

量販店と比べると、いささか割高。

「我々は“利便性”を売っているのだ。」ですと。

体裁の良い美辞麗句にほだされ、ドンドン貧しくなっていく情報弱者。

情報弱者と貧困はニアリーイコールになりつつある、と認識しています。

急激な方針転換の「金融業者」に翻弄されつつある、とある事業主のモデルケースを踏まえ、対応策に取り組む前の「準備と思考」について文にしたためました。

以下よりメールマガジンに登録してお読みください。

配信済みの記事は、メルマガ登録者限定のバックナンバーライブラリーですべてお読みいただけます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次